千葉市との「不動産取引の機会を捉えた防災情報の周知に関する協力協定」について (登録日:2020年06月29日)

千葉市と「不動産取引の機会を捉えた防災情報の周知に関する協力協定」を締結いたしました。
1 趣旨
不動産取引において市が作成するハザードマップを活用して防災情報を提供することにより、取引の相手方等が取引の対象となる宅地又は建物周辺の水害危険個所や避難所等について把握し、災害の恐れが高まった場合に、自らの判断で適切に避難できるよう、水害等に関するリスクの周知を図るもの。

2 協定の主な内容
会員の皆様が市内の不動産取引において物件説明を行う際、顧客に市が作成するハザードマップを提示し物件の位置を説明するよう、千葉市からの協力に応じるもの。

ハザードマップは以下のHPをご参照ください。 
【千葉市HP 宅地建物取引における防災情報の周知について】
 https://www.city.chiba.jp/somu/bosai/hazard_kyoutei.html